< 2018年12月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

オーナーへメッセージ

2016年09月16日

柴男の余命


ここ数日、ほんと、家族みんな柴男の夜泣きで眠れなくてクタクタです。


今日、夜泣きしないように飲ませている鎮静剤がなくなったので獣医さんに貰いに行きました。

最近、寝てもすぐ目を覚まして、その後夜泣きが激しくて鎮静剤の効き目がイマイチなのを相談しました。

もう少し効き目が持続するものを出してもらいました。

新しく出してもらった薬は、いい具合に効いて昨夜はぐっすり眠ってくれました。ただ少し量が多かったのか目覚めが遅かったです。

柴男の具合に合わせて量を調節するように言われてるので今日は少し減らそうと思います。錠剤を割って量の調節をするそうです。

柴男の体重はさらに500グラム減っていて8キロくらいでした。元気な頃は13キロだったので、随分小さくなってしまいました。

餌も自分で食べられず、水も自分で飲めず・・・父ちゃんと私でお世話してます。おしっこは散歩の時できます。ウンチは昼間寝ている場所のそばにいつの間にかしていることが多いです。

散歩は30メートルくらい歩くと歩けなくなります。調子いいともう少し歩けますが・・。

狭い隙間に入る込むことが多いです。後ずさりできずに隙間にはまったままです。体勢が苦しくなると遠吠えをします。広いところに戻してあげてもまた狭いところに行ってしまいます。

下の写真のような感じです。



こんな様子を獣医さんに話したら、あと一年は生きられないかも・・。と言われました。

余命一年か・・・。

柴男のお世話は辛いです。特に夜泣きはかなりストレスがたまります。なんか精神的に追い込まれる感じです。体力も奪われます。

でも、余命一年か・・・。複雑な気持ちです。


庭の植物。

コスモス。



ウメモドキ。赤い実と黄色い実がきれいです。













Posted by だいこん at 13:09│Comments(4)
この記事へのコメント
こんにちは、だいこんさん。


妻や娘たちもねこの親、だいこんさんのフィードを見る度に涙を落とします。


人間にもあるような終焉が家族にもくると言うことを…


ヨー子ちゃんを失い日の浅いなか、かける言葉が見つかりません…と。



だいこんさんへ妻からの一詩。


かげろうに うつる家族の魂(いのち)さえ 過ぎし陽愛(ひより)を 愛(おも)いにかえさん



柴男君とのこれからの時間を大切に愛して寄り添った瞬間を…と話したまま妻は泣いてしまいました、すみません
Posted by おとぉはん at 2016年09月16日 16:56
ショッキングな言葉にビックリしてしまいました。

命あるものいつかは……でも、いつまでも元気でいてほしい。


生まれてきたお孫ちゃん。生を全うしたヨーコちゃん。そして生きることに一生懸命な柴男。
だいこんさんのブログで命の重さを考えさせられました。

でも、まずはだいこんさん家族が元気でいないとお世話も出来ないですし、薬と上手に付き合っていきながら、一日一日柴男がすこやかに過ごせるといいですね。
Posted by ゆうゆうママゆうゆうママ at 2016年09月16日 20:16
たくさんの命の終焉を見てきましたが
どの命も楽な終わりはありませんでした

最後まで一生懸命頑張る姿にただ
寄り添い普通にして暮らすのが良かったように思いました
狭い所に身を隠し続けるのは本能でしょうか
命を預かる重みに時には辛くもなりますよね
どうぞお花やお孫さんの成長等で癒されながら一日でも多く柴男くんがだいこんさんご家族の側で静かに過ごせますようお祈りしております
Posted by tan-tantan-tan at 2016年09月16日 20:31
おとぉはんさん
柴男は0歳から、ヨー子は9歳から家で飼っています。
ヨー子は家の事情で飼えなくなった人から引き取りました。
偶然同じ年生まれなんです。
柴男もヨー子もおんなじように年取ってしまいました。
楽しい思い出があるから、気持ちを支えられたこともあったから、犬には感謝の気持ちがいっぱいあります。
これからも柴男を大事にしたいです。お薬とか上手に使って見守りたいです。
ありがとうございます。

ゆうゆうママさん
私も父ちゃんも余りにも困り果てた顔で獣医さんのところに行ったので、今後の見通しとして余命一年といったのかもしれません。
寿命は避けられないので、そこまでできることをやってあげたいです。
励まし、ありがとうございました。

tantanさん
そうですね・・。楽な終りはありませんね・・。
ペットを亡くした人はかわいそうでもう飼えない・・と言いますが、その真意がようやっとわかったような気がします。
命の重み・・こんなに重く辛いとは思いませんでした。
寿命は避けられないので、できることを精一杯してあげたいです。
それからこれからの未来にも目を向けて明るく過ごしたいです。ありがとうございます。
Posted by だいこん at 2016年09月17日 13:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。